水回りトラブル被害で一番多いトイレ水漏れ

水回りトラブル被害で一番多いトイレ水漏れ 人間が生活して行く中で欠かすことの出来ないものは水ではないでしょうか。暮らしの中にも水を使う場所は沢山あり、そのどれもが非常に大切な設備です。キッチンでは食事を作ったり、お風呂は体を清潔に保ち疲れを癒すことが出来ます。その中でもトイレはとても重要な設備です。このような水を使う場所を水回りと呼びます。昔から水回りには神様が宿ると言われていて水回りの掃除をすると金運に恵まれるという話もあります。トイレを綺麗にすることはとても重要で気持ちのいい生活を送ることに繋がります。しかし、その分トラブルが多いのも水回りです。トイレ 水漏れはその代表選手のようなもので、その状況になると慌ててしまいます。いざという時どうすればいいか考えておきましょう。

■水回りのトラブル

水回りのトラブルは様々ありますが、その中でも非常に困るのがトイレ 水漏れです。戸建て住宅なら自分の家だけの被害で済みますが、集合住宅ともなれば時間の経過とともに水漏れが酷くなり、階下の住民にまで被害が及んでしまうこともあります。衛生面の観点から、汚水という点でも緊急を要する箇所です。
トイレから溢れるような勢いで水漏れが発生すると慌ててしまいどうしてよいか分からず困惑してしまいます。まずは慌てずに深呼吸をして適切な対応をしましょう。まず、どこから水漏れが発生しているかを見極めて、修理業者に依頼の電話をします。業者が来るまでの間、自分で出来る処置として重要なのは止水栓を閉めることです。止水栓を閉めることで水道からタンクまでの水流を止めることが出来、被害を抑えることが出来ます。

■業者が来るまでにすること
業者の到着までの時間が非常に長く感じる事と思いますがトイレの水漏れは何度も言いますが慌てないことが最重要です。止水栓の場所はタンク式のトイレの場合はトイレの壁とタンクを繋ぐ配管に、タンクが無いトイレの場合はトイレの背中側のパネルの中にあることが多いです。とはいえ、とっさに止水栓の場所が分かる人は少ないと思いますので平時に確認をしておけば安心です。
止水栓の構造はマイナスのドライバーで閉められる物が多いので工具の収納場所も決めておき、いつでも対応できるようにしておきます。その他にも専用の工具で閉める物や素手で回せるハンドルが付いているものもありますので併せて確認しておきます。

■元栓を閉める

止水栓が見つからなかったり硬くて閉まらない場合は、慌てながら探したり無理に閉めないようにします。パニックになりながら探しても力任せに閉めても状況は悪化するばかりです。
止水栓が見つからない時は家自体の水道の元栓を閉めます。戸建ての場合、元栓は屋外のマンホールの下にある場合が多く、集合住宅の場合は玄関の横に金属の扉があることが多くその中にガスの元栓と一緒にバルブ式のハンドルが設けられていますので、それを回して閉めます。こうすることで水の流れを食い止めることが出来て業者が到着するまでの時間稼ぎが出来ます。

■まとめ
トラブルが発生したらパニックにならずにまずは落ち着きましょう。慌てても状況は悪化するだけで解決にはなりません。普段から業者への連絡先、止水栓の位置や水道の元栓の閉め方と場所を把握しておきましょう。更にどこから漏れているかも冷静にチェックできるようにし、業者との連絡時に説明が出来れば更に安心です。電話連絡の時点で業者から適切な処置方法が確認出来るためです。便器本体の外側に水が漏れている場合は、配管や便器自体の不具合が考えられますし、便器の中だけで水が留まっている場合はタンクの故障が予測できます。
平時からの故障の有無の確認と適切な業者選定、こまめな掃除がトラブルを最小限に食い止める秘訣です。チェックしておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース